入出力インターフェースのメモ

by K.I

Index


概要


[top]

パラレル(LPT)

epo2

http://activecell.cool.ne.jp/epo2/

rbtiop32

http://www.iris.dti.ne.jp/~door1024/index.html

HSP

http://www.onionsoft.net/hsp/
[top]

シリアル(RS232C)

→メスのコネクタを表側から見た時の図1
EIA-5742(9pin) EIA-23(25pin) 記号 入出力 説明
1 PG Gnd 保安用グラウンド
1 8 DCD In キャリア検出
2 3 RxD In 受信データ
3 2 TxD Out 送信データ
4 20 DTR データ端末レディ
5 7 GND Gnd 信号グラウンド
6 6 DSR In データセットレディ
7 4 RTS Out 送信要求
8 5 CTS In 送信可能
9 22 RI 被呼表示

EasyCom

Excel等のVBAで、シリアルポートのコントロールが出来る。
1或いはオスのコネクタを裏側(半田付けする側)から見た時の図でもある。説明すればするほど、ややこしくなるなぁ。。
2実際にシリアル接続するものが無かったので、乱数を表示しているだけ。切断せずに終了すると、ポートがうまく閉じられないので注意。

[top]

RS485


[top]

USB

→つまりケーブルを手に持って、そのコネクタを覗いた場合
[top]

LAN

PIN番号片側(共通T568A)10Base-T(T568B)1000Base-T 1000Base-TX
1 緑白 橙白 橙白 橙白
2
3 橙白 緑白 緑白 緑白
4 茶白
5 青白 青白 茶白
6
7 茶白 茶白 青白
8 青白

[top]

I2C


3バスの負荷容量の制限400pFまでは。

[top]

SPI


[top]

JTAG

元々は、ICのバウンダリスキャンテスト用の規格だと思う。
[top]

GPIB


[top]

MindStorm

これも、インターフェースだよね。
[top]

MindStorm NXT

Pin Color Input Pin Name Output Pin Name
1 White AnalogI/F(+9V Power) M1(M+)
2 Black GND M2(M−)
3 Red GND GND
4 Green +4.3V Power 4.3V Power
5 Yellow DIGI0/SCL/RS485A TACHO0(A signal)
6 Blue DIGI1/SDA/RS485B TACHO1(B signal)

4通常のモジュラは、ノッチが中央にあるが、こいつはズレている。

[top]

LCD

Pin Name Description Pin Name Description
1 RST Reset 6 CAP+ NC
2 SCL I2C Clock 7 CAP− NC
3 SDA I2C Data 8 VOUT NC
4 VSS GND 9 A NC
5 VDD 2.7〜3.6V 10 K NC
Pin Name Description Pin Name Description
14 DB7 DATA 13 DB6 DATA
12 DB5 DATA 11 DB4− DATA
10 DB3 DATA 9 DB2 DATA
8 DB1 DATA 7 DB0 DATA
6 E Enable 5 R/W Read/Write
4 RS RegisterSelect 3 VO Contrast
2 VSS GND 1 VDD +5V
LCD端子番号 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 16 15
LCD端子名 DB7 DB6 DB5 DB4 DB3 DB2 DB1 DB0 E R/W RS Vo Vdd Vss K A

[top]

RaspberryPi2,3のGPIOピン配置


[top]

PC電源


[top]

リンク



comments powered by Disqus