簡易通信用パケットプロトコルの検討

by K.I
date 2006/02/14

Index


概要


[top]

検討

フレーム検出

データの符号化

インターリーブ

ランダムエラー: ビットが単独でランダムにエラーを起こす バーストエラー: 連続したビットが纏まってエラーを起こす →無線通信の場合バーストエラーが多い

CRC

データ復号化

シンドローム エラービット位置
00000 エラーなし
11010 0ビット目エラー
01101 1ビット目エラー
11100 2ビット目エラー
01110 3ビット目エラー
00111 4ビット目エラー
11001 5ビット目エラー
10110 6ビット目エラー
01011 7ビット目エラー
11111 8ビット目エラー
10101 9ビット目エラー

PN符号ジェネレータ

参考文献


1Bluetoothで使われているエラー訂正方法と同様のもの。ソフトウェアで行うため、データをスルー、シフトレジスタをクリアするためのスイッチは省略している。


comments powered by Disqus