続・MFCでアプリケーションを作る

by K.I
2009/09/04

Index


概要


[top]

ファイルの種類の指定

DialogBarTest\n\nDialog\nテキスト(.txt)\n.txt\nDialogBarTest.Document\nDialog Document

ファイルOpen時の処理

ID_FILE_OPEN ( [開く...] )
    ↓
    CWinApp:OnFileOpen()
        ↓
        CWinApp:OpenDocumentFile()
            ↓
            CDocManager::OpenDocumentFile()
                ↓
                CDocument::OnOpenDocument()
                    ↓
                    CDocument::Serialize()
                        ↓
                        CDocument::SetPathName()

OnFileOpen

拡張子のチェック


[top]

ドキュメントの読込み

重要っぽい関数

MFCの関数、ちょっと復習しておく。

Serializeの実験

プログラムの構成

結局、シリアライズは以下のような構成にしよう。 全体の構成としては、 ここまで来ると、あとはコーディングするだけかなぁ。

ファイルのインデックスを作る

Viewでデータを表示するテスト

OnOpenDocumentをオーバーライド


1その適当なファイルも、拡張子はtxtじゃないけど、ただのテキストファイル。
2というか、CObjectとかCArchiveって言われても、よく分からん。
3既にDocumentViewの枠組みから完全に外れているんじゃないだろうか。。

[top]

コントロール

コントロールの表示

コントロールの操作によるViewの更新


[top]

EditBoxにSpinコントロールを付ける

OnEnChangeが呼ばれる?


4これはハンドルじゃなくてポインタなのかも。

[top]

Radioボタンを付ける

ボタンのメッセージハンドラ

ボタン用の関数を追加

ボタンの初期化

ボタンの読込み


[top]

まとめ


[top]

参考



comments powered by Disqus